『ぶつからない』事とは

最近セラピストの方に技を教えてほしいと言われる事が増え
その度に技は既に持っているもので大丈夫と答えます。
もちろん新しい技に刺激を受けて今持っている技の質が上がる事もあるかもしれませんが、
私が今必要だと思う事は一つ一つの技に対する姿勢というか、イメージであったり意識であったりと精度を高める事だと思っています。

いろんな技を持っていても雑なら効果はないしかえって不快です。
いろいろな技をあれやこれやとやってあげたいって言う人もいるかもしれないですが、それっていうのはお客様の何を満足させたいのかって事次第だと思います。
技をかけられる事を楽しみに来ているのであればそれはそれでいいと思いますが、
大半のお客様は辛い症状があるからどうにかしてほしいと思っていらっしゃっていると思います。

タイ古式マッサージをする時の私なりの意識の置き方があります

いくつかある内、今日は

『ぶつからない』

についてです

「ぶつからない」というのは
単純に指圧や手掌圧、肘圧、膝圧が相手にぶつからない様にする
これは簡単な事ですし、誰もが注意してやっている事だと思います。
ぶつかるんじゃなくてそっと置く様に当てる。

そして、
当てたポイントを自分が押すのではなく、相手から入ってくるのを待つ。
これは不思議な感じですが、指を当てると相手からそこに圧がかかってきます。
そして圧がかかってくるポイントが、私は正しいポイントだと認識しています。
逆に圧のかかってこないポイントは恐らくずれていて、響きもなくただ置いているだけになります。

この圧法の利点は力は使わず疲労が少ない、それでいて相手のポイントが分かりやすい。
自分を押しつけるんじゃなくて、相手に入って来てもらうので相手が緊張しにくく、圧も深まりやすい。
欠点をあげるならば、待つ時間が必要になってくる為、素早い施術には向いていないです。
そして集中力も必要になります。常に相手の体の反応を感じていないと出来ません。

これが圧を与える時の「ぶつからない」です。

でもまだ終わりじゃないです。

「ぶつからない」のは圧を与える手だけじゃありません。
サポートする手も意識します。
これは例えば右手で圧を入れる時の左手の置き方とかを言いますが、
どこに置いてもいいわけじゃないです。
相手の体にフィットして相手が力まない個所、そこに力を加えずに置き、
サポートします。
これがフィットしていないと相手は不快感を感じます。
このフィットしていない状態、力で抑えつける状態を「ぶつかる」と言っています。

これがサポートする時の「ぶつからない」です。

でもまだあるんです。

今度は相手の体を動かす時。
例えば相手の足を曲げる、持ち上げる、伸展するなどの動作ですが、
術者が曲げるんじゃなくて、相手が曲げているという状態を作ります。
術者が強制的に曲げる、伸展する事を「ぶつかる」と言います。
ではなく、曲げる方向を相手の無意識に伝えて、術者は軽くサポートします。
すると力を加えなくても相手の足は曲がってくれます。

これが私が施術する際の「ぶつからない」です。

あくまで私の意識の問題ですから、これが正解かどうかなんてわかりません。
ただ、しっくりくるなって思える方法の1つだと思っています。

にほんブログ村
 















健康ブログ タイマッサージへ にほんブログ村 



地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ←クリックのご協力お願いします^^ 


 ---------------------------------------------------
奈良のマッサージ、リラクゼーションと言えば、
タイ古式マッサージ&バリニーズアロマオイルマッサージ&内臓デトックス・チネイザン&トークセン&フットリフレクソロジー&タイ式フェイシャル&ハーブサウナ&タロット占い&メヘンディ(ヘナアート)のお店
asian relaxation WaiTea(アジアンリラクゼーション ワイテァ)

奈良県奈良市四条大路5-7-10

Mail:info@kugrastyle.com
http://kugrastyle.com
Mobile:080-4016-7376

営業時間
10:00〜23:00(最終受付22:00)
10:00〜14:00は前日までにご予約ください。
(不定休)

---------------------------------------------------
 

コメント
『ぶつからない』事−相手の体を動かす時

いつもありがとうございます。
施術を受ける側の感想を聞かれることは、多くはないと思いますので、施術を受ける側からコメントをさせていただきます。

『ぶつからない』事−相手の体を動かす時、についてです。
喜楽さんの方針を読ませていただいて、確かに、喜楽さんの施術はその通りになっているなあと思いました。

ただ、この場合、物足りなさが残るときがあります。
どうしてか?を考えてみました。

身体を伸ばすときの動作でいえば、筋肉はゴムのようなものなので、たとえば、1mの長さのゴムを1mの距離に伸ばしても、そのゴムを弾いてみたときに、ゴムはボヨンボヨンの状態です。
1mのゴムを、1m30cmぐらい伸ばしたとき、そのゴムを弾くと、だいたいピンと張っている状態になるかもしれません。ちょうど、ギターの弦を弾いたときのように、ビーンと細かく振動するぐらいかもしれません。
そして、たぶんそれ以上伸ばすと、行き過ぎになってしまうと思います。

物足りなさが発生するか?しないか?の差は、このとき、ゴムを『1m30cmの長さで維持できる力』で伸ばし続けるか、それとも、『1m30cmを維持できる力』にさらに『500gの力』を加えるかの差ではないか思います。

たぶん、【相手の足は曲がってくれる】という考え方からいくと、この『プラス500gの力』は、働かないと思います。
一番良いところより、ちょっと意図的にプラスの力を加えることになるからです。

もう一つ、掘り下げられる点は、1mのゴムは、ずっと1mのゴムではないことです。
1mのゴムを1m30cmに伸して元の状態に戻せば、1mではなくて、1m00cm05mmの長さに変わってしまう場合があることです。
そうすると、その長さが1m00cm05mmのゴムを『1m30cmを維持できる力』で伸ばしていても、1mのゴムを伸ばすときよりも、ちょっと力が足りなくなってしまします。

このことが、筋肉を伸ばしている最中にも起きてしまうと考えられます。
筋肉を伸ばしている最中に、筋肉自体の長さが変化するので、一番良いところのポイントも、伸ばす動作の中で移動していってしまう。そう考えます。
  • sin
  • 2012/05/11 3:21 PM
sinさん>
コメントありがとうございます。
そしてこちらこそいつもありがとうございます^^
そうですね。ストレッチを利かす場合は当然相手の曲がる範囲内では効果を出せないと思います。そこには更に必要な圧が加えられなければ意味がないでしょう。なので、ストレッチの場合は意図的に力を加えます。そのポイントもまだまだ技術不足なところがありますので観察して掘り下げる必要がありそうです^^;
今回の動かす場合というのは意味的にはただ姿勢を変える時だけと捉えていただいてよいかと思います。
相手に抵抗を感じさせずに脚を持ち上げる、あげた脚を下す等の動作で、それ自体にはストレッチや圧はかけていない状態です。
サポートの手の置き方や軽い力の加え方で相手に次の形への方向性を教えてあげ、その延長で形が変わっているといった感じです。
方向性を教えてあげないと自分の意図しない方向へ勝手に曲げてしまったり、曲げようとしているのに抵抗されてしまったりとしてしまう事があります。
メリハリの意味でも必要のない時は力を抜くといったイメージです:)
でも、この辺の事も一人では自分の内に籠ってしまい利点欠点などが見づらいので、しっかり向き合っている方とあれやこれやとお話しできたらいいなとは思っています:)
という事で、その時はまたよろしくお願いします^^
  • 喜楽
  • 2012/05/11 5:42 PM
返信ありがとうございます。
今回は、話が逸れてしまったみたいです。
姿勢を変えるだけの動作の場合は、喜楽さんの「ぶつからない」が正解だと自分も思います。

施術全体、特にストレッチに物足りなさが残る部分があって、勝手につなげて書いてしまいました。
すいません。

また、ストレッチに関しては、受ける人の好みもあると思います。
プラス500gの力が、「気持ちいい」と感じる人と、「もう限界なのにまだ伸ばす??」と不快に感じる人と。

ところで、施術を受けていて、「もっと攻めてもいいのになあ」と思うことはあります。
適正を捉えるのに、【弱―適正ー強」という図があれば、

‥正のポイントを行き過ぎるのを避けつつ、弱の方向からだけ「適正」に近づこうとする場合

適性のポイントを行き過ぎるのもOKで、弱と強の両方向から「適正」に近づく場合

という二つに分けたとすれば、喜楽さんの施術は、,剖瓩い茲Δ忙廚い泙后
実際の喜楽さんの考え方は分からないのですが、もし,剖瓩い里任△譴弌↓△砲垢襪海箸如▲好圈璽匹上がる気がします。
それは、一方向からあるポイントを探そうとするのと、二方向からあるポイントを探そうとするのを比べると、二方向から探す方が見つかりやすいからです。

こちらこそよろしくお願いいたします〜。
  • sin
  • 2012/05/12 6:47 AM
sinさん>
私の施術を覚えていてくれ、アドバイスまでいただけるのは嬉しい限りです^^
ありがとうございます(^人^)

物足りなさが感じられるのは、やはり一つ一つの手技の精度が甘いからでしょうね。もっともっとイメージと現実の差を近づけないといけないと思います^^;

適正の見つけ方としては確かに,砲覆辰討い襪隼廚い泙后
理由としては△両豺隋峅瓩る」=「嫌な痛み」=「緊張」につながり、受けてが全面的に安心出来るのか?といった所です。
特に痛みに対して敏感な方はという感じですが。
あくまで憶測ですので実証してみないと何とも言えませんが。
その辺りはどうでしょうか?
  • 喜楽
  • 2012/05/12 10:33 AM

せっかくお返事をいただいているのに、返信が遅くなってしまいました。申し訳ございません。

,如∧足りなさが残るとすれば、それは、適正のポイントが動いているからだと思います。
施術が始まった直後、中盤、終盤で考えると、施術の受ける人の反応速度は、施術中に早まってくる傾向があると思います。
また、1回目押すときと、2回目押すときでも、微妙に、もしくは大胆に反応が違うと思います。
その変化についていくためには、,里笋衒では、遅れが生じる可能性があります。
この遅れが、物足りなさにつながるように思います。

>△両豺隋峅瓩る」=「嫌な痛み」=「緊張」につながり、受けてが全面的に安心出来るのか?

これは、「過ぎる」=「嫌な痛み」のところを、「過ぎる」=「心地よい痛み」になれば、解決しそうです。
『なれば』の話ですが・・・
間違ったところを押して痛いという場合や、痛みに弱いところを強く押し過ぎて痛いという場合は別だと思いますが、「嫌な痛み」の「嫌な」という部分は、感情や好みなので、何ともしがたいところです。
いままでの経験からでは、施術を受けながら、ウトウトしてちょっと眠くなるぐらいではなくて、後半まるまる爆睡という場合もありましたし、痛みが常に「緊張」につながる訳でもない気はします。

痛みの発生については、施術が終わったときにどんな仕上がりを目指すか?で、変わってくるのではないでしょうか?
それは、たとえば、アスファルトの道路で、よく同じところが割れてきて、補修しても、やっぱり同じところが割れて、いつもボロボロになっている場所があるのを見かけることがあります。
穴の開いたところだけ新しいアスファルトを詰めて平らにしておいても、やっぱり治ったとはいえません。実際アスファルトの場合は、新しいアスファルトにもかかわらず、周りの古いアスファルトより、補修した新しいアスファルトが先に崩れてきます。
でも、一度、周辺のアスファルトを全部はがして、アスファルトの下の土台を整備し直して、それからアスファルトを全面に塗ると、もうその箇所は壊れなくなります。

施術で目指す究極のところは、『土台の整備』をしてあげられること?と自分は思います。

「痛み」が「嫌な痛み」につながると思って、痛みを避けようとしていると、この土台の整備につながるような接し方が実践しにくくなると思います。

アドバイスというより、個人的な感想・希望ばかりですが、機会があれば一度お話しましょう。ビリヤードでもしながらヽ( ´∀`)ノ
  • sin
  • 2012/05/17 8:52 AM
sinさん>
確かにヘッドマッサージを受ける時とかも、決して痛気持ちいい程度の痛みではなく、それを超える痛みですが気づいたら眠ってますね^^;
そうやって考えると「痛み」=「緊張」というのは先入観が先走ってた気もしますね。
是非お話しましょう^^
ビリヤードは下手ですけど、優しくご指導ください:)
  • 喜楽
  • 2012/05/17 10:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

エキテンご感想


asian relaxation WaiTeaの口コミを書く

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 足首の違和感がなくなった -喜楽セッション
    喜楽 (05/06)
  • とっても贅沢で素晴らしいコースだと思います -喜楽セッション
    喜楽 (05/06)
  • とっても贅沢で素晴らしいコースだと思います -喜楽セッション
    sin (05/06)
  • 足首の違和感がなくなった -喜楽セッション
    sin (05/06)
  • とっても贅沢で素晴らしいコースだと思います -喜楽セッション
    abe (05/02)
  • ヴァンパイア
    sin (04/26)
  • ヴァンパイア
    喜楽 (04/22)
  • ヴァンパイア
    sin (04/21)
  • タイ研修から帰国しました
    喜楽 (03/17)
  • タイの曜日ブッダ巡り
    喜楽 (03/17)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM